4、5年位前、県外に大学時代の友人の結婚式に、行ったんだ。第1回?のWBCの頃だった。仕事は連休が取りやすい夜勤の仕事で、5連休くらいだったかな?けど披露宴当日は朝の7時まで夜勤。疲れてたなあ。普通に披露宴が終わって、予約してくれたホテルの部屋(何故かツイン)で宿泊したんだけどもう一人、宿泊者が・・

 これで女が泊まってりゃ、それでいいんだけど、新郎との共通の友人っていうか、新郎とは中・高・大と一緒。オレとは大学での友人。そいつが「オレも明日休みだから、ツインだったら泊まっていい?」って。普通にOKして、次の日の朝になったんだけど、オレ「5連休だけど、彼女もいないから地元帰ってもヒマだし、することないんだよな」 


 友人A「そうかあ、じゃあこの女行ってみるか?」と携帯を取り出して電話をしだす。友人A「胸もでかいし、割と可愛いぞ、電話しといてやるから、後は自分で頑張れよ。まあオレもやってるけどな。」と、女に電話をしオレの事を話し出す友人。かなりドキドキしたなあ。その友人を自宅まで送り、帰りの高速上で早速、電話する。
 
オレ「もしもし、初めまして」
女「は~い、もしもし」(テンション低)テンション低いのに、ちょっとひるんだが、どうせ旅の恥は掻き捨てだし、テンション高めに挑んだ。
オレ「Aから電話あったと思うけど、今日からしばらくヒマなんだけど、遊ばない?」 
女「うん、別にいいよ、夕方からあいてるし。」 
オレ「じゃあ、○○○のファミレスの駐車場でね。オレの車は△△だから」 
女「は~い」 

 女が来るまで、かなりドキドキしたなあ。友人Aとは学生時代にナンパとかした仲だけど、地元に戻って、そんな事もしなくなったし、とにかくどんなのが来るか不安と期待だった。待ち始めてちょっとしてから、来た来た!黒のbb!! 黒のbbはオレの車の横に駐車した。

 
 中からでてきたのは、友人Aの言ったとおり普通に可愛い子だった。背は低くて、服装はオネエ系?腰にD&Gのベルトしてたなあ。黒のタイツも履いてた。その時点で巨乳かどうか、分からなかったけど、Aに言われてたから、そっちばっかに目がいった。オレ「初めまして。ごめんよ~急に遊んでなんて言って。とりあえずオレの車に乗り換えて移動しようよ。」
 
 巨乳はオレの車にすんなり乗り込んできた。車を市街地(オレが急遽予約したビジネスホテル)の方に、走らしながらスキンシップの会話をした。確かオレの職業だとか最近の市街地(大学があった県庁所在地の状況)の事とか、どうでもいいこと話したな。友人Aの事はあまり話さなかった。 

 運転しながら、巨乳の巨乳を確認しようとしたけど、厚着してたんでよく分からなかった。けど初めの電話の低いテンションではなく、結構話しに乗ってきて盛り上がったな。まあ話術には自信あるし、何より旅の恥はかき捨てって気持ちが一番あったw オレ「じゃあとりあえず、車を置いて居酒屋にでも飲みに行こうか」巨乳「うん、いいよ。私もちょっとなら遅くなってもいいから。」
 

 ビジネスホテルに付いたところで、駐車場にオレの車を置きタクシーで繁華街で二人で向かった。この繁華街はオレも大学時代、よく通った所だから、お手のもんだった。巨乳「最近のA街って全然人いないんだって~」オレ「ふ~ん、そうなんだ。オレの学生の時は、まあまあいたけどな」そんなどうでもいい話を巨乳と胸をふるわせながらしてた記憶がある、そしてタクシーは繁華街へ・・ 

オレ「店どこにしようか、いいとこ知らない?」 
巨乳「どこでもいいよ、私もあまり飲み来たりしないし」 

 あんまり決めるのに時間かけたら、巨乳も疲れるし時間もったいないし、高いところは金がもったいないしw 場所はそこそこの居酒屋に決めた。大学卒業してその繁華街は久しぶりに歩いたけど、確かに寂れた感があった。居酒屋に入って、色々話したなあ。オレ酒好きだから結構飲んだ記憶があるな。 

 会話の内容は、お互いの仕事の話とか、好みの異性のタイプとか・・居酒屋の中では上着を脱いでたから、巨乳が確認できた。なかなかの巨乳だった。酔ってかなり饒舌になってきたオレは、オレ「それはそうと、Jちゃんって胸大きいね。どれくらいあるの?」巨乳「大きいでしょ。今は痩せてFだけど前はGだったんだよ。」オレ「そんなに大きかったらコンパとかで男の人の視線感じない?」 

 巨乳「感じるよ~けど、ちらちら見られる位なら、さっきみたいに言ってくれた方が、気持ちがいいよ。」この時点で絶対この巨乳揉んでやるって決心したオレがいた・・かなり話は弾んだなあ。どうでもいいだろうけど、巨乳の好みは格闘家の武蔵wみたいなちょい不細工が入ってる人、とか言ってた記憶がある。

 
 オレの顔は好みじゃないとかw まあオレからしたら乳もませてくれたら、どうでも言い訳であって、はいはいぐらいで聞いてたな。わりと居酒屋で飲んだから、途中から記憶が曖昧なんだけど、居酒屋出てからタクシーに乗ってビジネスホテルに向かった。確かオレ(酔)「オレの泊まってる部屋、見に来ない?」巨乳「何なのwそれw」 

 ってなふざけた会話をしながら、タクシーに乗り込んだ。この頃には当然二人ともその気でホテルに向かってた。ホテルはビジネスホテルで、当然一人部屋で予約してたから、フロントには一人で鍵を取りに行った。巨乳はエレベーターで待たせていたと思う。この時にはかなり酔ってたけど、ドキドキ感は相当のものだったw 

 ここで酔っぱらいのハプニングがあって、ドアを一回開けたものの、鍵を室内に入れて閉めちゃってオートロックのドアに閉め出されるというミスを犯す。オレ「あっ!やっちゃった!」巨乳「もー何してんのw」オレ「フロントに行って、開けてもらうから、どこかに隠れといて!あっこの非常階段にでも!」巨乳を非常階段(屋外)に隠し、一路フロントへ・・ 

 オレ「すいません、鍵閉じこめちゃったんですけど、開けてもらえません?」従業員はかなり愛想悪かった。たぶん一人部屋に巨乳を連れ込もうとしてるの、ばれてたんだろな。鍵を開けてもらった後、巨乳を迎えに非常階段へ。巨乳は小さい体をしゃがみ込ませて震えてた。オレを見上げて、巨乳「さむい~」オレ本音(巨乳ーー!!おれがすぐに温めてやるわぉぉdgpj@^@ぉぉ!!) 
 
 オレ建前「ごめんごめん寒かったでしょ、開けてもらったから入りなよ。」ついに念願かなって、巨乳の巨乳と対面が近づいた!心臓バクバク! 部屋が一人部屋だから、ベッドは当然シングル。部屋入って始まるまでは時間かからなかったなあ、なんせ酔ってたからw 部屋は暗くしてとかほざくから暗くしてやったけど、かなりの巨乳と判明。
 

 オレは初めから、真っ裸になったけど、巨乳は服脱ぐのめんどくさいとか言うから、パンティ脱がして、服着せたままガンガン突いてやった。けど密着感が欲しいから、途中から上を脱がして、またまた突きまくった。下はスカートと黒ストッキングをしたままだったけど、黒のストッキングがまたエロイw 

 そうそう書き忘れたけど、挿入の前に、オレ「ゴム付けるから」巨乳「なんで、ゴム持ってんのw」と巨乳、先に突っ込まれたのを書き添えておこうw 途中から気づいたんだけど、巨乳は股関節がかなり柔らかい。オレ「Jちゃんって、体柔らかくない?かなり股が開くね」巨乳「小さい頃、バレエ習ってたからかなあ。」バレエ・・なんじゃそらw この巨乳、恐るべし。

 SEXの為に生まれてきてるなwなんて、最中にも思ってた。着衣ながらも正常位、バック、騎乗位を試し、巨乳にしゃぶりつき、巨乳を堪能した後、オレ「Jちゃん、ちょっと舐めてくれない?それかオレに舐めさせてよ。それと、体がキレイだから、写真撮らしてくんない?」巨乳「え~舐めるのは、いいけどクンニしてもらうのはな~いかせてくれるなら、舐めさせてあげるよ。写真は無理でしょw」酔ってるから調子にのるオレw


 オレも特別、クンニも好きなわけじゃないけど、なかなかできる体験ではないので、オレ「舐めさせてよ、頑張るからw」巨乳「う~ん、今日はなあ・・○○(宿泊している県)に明日も泊まってくなら、舐めてあげるし、舐めさせてあげるよ。写真も撮らせてあげる・・」連泊決定・・ちなみに、この巨乳に似てる巨乳AV女優は松田茜(まりん)です。特徴は乳首の先がちょい陥没してるところ。