私とHirokoが出会ったのはもう10年以上前。きっかけはテレクラ。初めてテレクラに電話したと言っていたが話し方はまったくその通りの感じだった。40代後半と言っていた。30分ほど話しやっと逢う約束にこぎつけた。逢うのは2日後。本当に来るかなぁ?2日後の当日待合せの駅前に現れたのはコートを着たスレンダーな奥様。警戒心が見えるのでとりあえず近くのファミレスへ行くことにして車へ乗せる。

 ファミレスではよくテレクラに行くのかとか様々なことを質問されたが正直に返事をした。昼に近くなりファミレスも混み始め聞かれて困るようなこともあるのでファミレスを出ることにした。すんなり車に乗ってくれたので一安心。近場のラブホを目指すことにした。


 ラブホに入り降りるとHirokoもすんなり降りたのでそのままラブホへ入った。部屋を選びエレベーターへ。エレベータの中でキスをすると緊張が緩んだのか腰砕けに。

 そのまま部屋に入りキスをするとHirokoも舌を絡めはじめた。キス好きなようだ。コートを脱がせ、ブラウスの上から胸を愛撫すると息が粗くなってくる。ブラウスをまくり上げブラを上にずらし直接胸を愛撫するともう立っていられない様子なので、ベットの上へ寝かせる。ブラのホックをはずし小さな乳首にしゃぶりつく。(Hirokoの乳首は小学生くらいの小ささなんです)


 乳首を舌で転がしながら手をショーツの中へ入れるともうびっしょり濡れ濡れ状態。息も絶え絶えなので少し小休憩し風呂の準備をすることに。嫌がらず風呂に入ってくれる。少し落ち着いたようだ。風呂の中でも愛撫を続ける。嫌がらずに明るい風呂でも愛撫をさせてくれている。のぼせても困るのでそこそこに風呂を出てベットへ。

 ベットではお互い全裸でキスをしながら体をまさぐりあう。Hirokoのまんこは濡れ濡れなので抵抗なく挿入できる。まずは正上位ゴムしの生で挿入。キスをしながらの挿入に逝きまくるHiroko。途中で息子を出すとうっすら赤い。後日話を聞くと生理が終わりかけ、テレクラに電話したときは生理中で誰かに抱かれたかったと言う。


 その日ラブホでは中に出さずに裸で抱き合いながら話をして終わった。帰りの車の中で連絡先もメモをくれたことが、10年以上の付き合いの始まりだった。