僕がまだ学生の頃のとある週末、好きな女の子が、他の友達と付き合ってしまい1人でやけ酒を飲んでいたら終電を逃してしまった。デリヘルでも呼ぼうかと思い、ラブホや風俗店が並ぶ繁華街に向かって歩いていた。すると後ろから女性の声がした。「あのっ…すいません」振り返ると僕好みのショートカットの似合う可愛らしい小柄な女性が困った顔をして僕の顔を見上げていた。


[PR]お店では買いずらい「アレ」の購入![PR]

 話を聞くと彼女も終電を逃してしまい、タクシーでは遠すぎるし冬だったし、何より若い女性が野宿するわけにもいかず、宿泊施設を探すもカプセルホテルは空きが無く他にはラブホしか無い、1人でラブホに入ろうとしたが、女性1人でのチェックインは断られてしまったとの事。(僕もあまり詳しく無いので、本当かどうかは解らないが)当時は漫画喫茶等は今みたく広まって無かった。

 そこで僕を捕まえて、代金は出すので一緒にチェックインして欲しいと言うのだ。財布の中には現金と学生証しか入れて無い僕は、物盗りでも困らなかったので二つ返事で了解した。お互い簡単に自己紹介をしながらホテルにチェックイン、彼女の名前は美香。年はあまり変わらない位だろうが名前以外は聞かなかった。新しいリクルートスーツを着ていたので、おそらく就活中の学生か新入社員だろう。

 しばらく雑談をしていると、美香はガマン出来ないと言う様な口調で「シャワー…浴びて来ても良いですか…?」躊躇するのも無理も無い、シャワールームはガラス張りでベッドから中が見えるのだから。もちろんダメなんて言うはずも無く、笑顔でシャワールームに向かう美香を見送った。


 小柄な体型ながらも、スーツ姿越しでもスタイルの良さが伺えたので裸になるのが楽しみで仕方なかった。僕の視線が気になったのか、ブラウスのボタンを外す手が止まり、ふと目が合ってしまった。あ、失礼…と言う感じに目線を逸らすが気になるに決まっている、ムスコは既にトランクスの中で行き場を失っている。

 横目でチラ見していたのだが、美香も開き直ったかのように服を脱ぎ、シャワールームへ入って行った。片手で胸を隠しているが、予想どおり美しい!おっぱいは手から溢れんばかりに自己主張しているではないか。小柄で巨乳だが決して太ってはおらず、程良く肉の付いた女性らしい、体付きだ。

 抱きたい!脳裏にその感情が浮かんだ瞬間、無意識に服を脱ぎ捨てながら、シャワールームに向かっていた。