私がバツイチになって最初にセックスしたのは「人妻」でした…飲み屋で知り合い、旦那さんが相手してくれない事、浮気は何度かしたが、なかなか良い相手に出会えない事…イロイロ愚痴を聞いているうちに、私の股間に手が…顔も体も私の好みではなく、全く「その気」はなかったのですが、あちらがたまらなかったらしく、店のトイレに一緒に来て欲しいと誘われました。


 トイレに入るやいなや、私のモノをセカセカと取り出しパクリ起ってもいないモノを「大きい」「旦那より、この状態でも大きい」と、喜んでくわえていました。私が反応し、膨らみ始めると…自分で指を入れ始めました。アッと言う間に、ビクビクっと痙攣しながらイッてしまったみたいでした。ビックリしたのは…。潮を噴いてしまったらしく、床がビタビタ…。

「よっぽど溜まってたんだなぁ。」と、可哀想に思った私は、その女性をホテルに連れ込み、朝まで気持ち良くしてあげる事に専念しました。入れている最中、何度も潮を噴いて、寝る所がない状態に…。「ごめんね。スッゴく気持ちよくて、私ばっかイッちゃって。○○君もイッて欲しい。もちろん、中で。」と言って、尻を突き出し、ビシャビシャになったアソコを見せつけてきました。


 脱がして知った引き締まった尻、卑猥な姿と…「中で」の言葉に、ついに息子は戦闘モード!そのままバックで突き刺すと、イき過ぎて痙攣っぽくなったのか、さっきまでとはまるで違う締まり。子宮口が頭に当たるのもわかりました。尻を強めに鷲掴みし、本当に「ガンガン」って音がしそうな程激しく奥までぶつけました。

 さっきまでに増し、噴く量が増え、私の太股はビタビタ。挿入部から聞こえる音も、風呂の中でしてるような「ピシャピシャ」という音。まさに「雄叫び」とも思えるほどの大きな声で、何度もイく女性。「やっ、やめて!もう許してください。」と、泣き出しました。それを見て、犯しているようで興奮し高まりました。

「おら!イくぞ!どこに欲しいんだ!」と聞くと…「なっ…中に…一番奥に出してくださいぃぃ!」と、泣きながら訴えてきたので、希望通り一番奥で発射しました。ドクッ…ドクッ…と、こちらが波打つ度に、ピュ!ピュ!っと潮。顔やスタイルが好みでなくても…(尻は好みでしたが(笑っ))シチュエーション&言葉って大事なんすね(o^∀^o)