私は真面目に見られるんですが、
実は出会い系サイトで
割り切り援交をしているんです

年齢は19歳の女子大生です。


今時援交なんてダサいって思われるかもしれないけど、
かなり高額なお金を稼げるし、
相手によってはすごく
床上手な人も居るし、結構オイシイんです

まぁ、それなりにリスクも伴いますが

その日の相手は、
40代半ばくらいの中年おじさん

最初の予定では、
フェラで抜くだけで10,000円、

高校時代の制服着用の希望だったので
プラス5,000円、計15,000円の『お仕事』でした。

ラブホに入り、制服に着替えると、
私はオッサンのチ○チ○を懸命にしゃぶりました。

僅か5分ちょっとでフィニッシュ。

こんな事で15,000円が手に入るんですから、
真面目にバイトするのがバカらしくなってしまいます。

せっかくラブホに来て5分で出るのもなんなので、
それからしばらく制服姿のまま
オッサンのつまらない話に付き合ってあげました。

オッサンは話ながら私の制服の
ミニスカートから剥き出しになってる太腿を触ってきました。

お触りぐらいはサービスで無料でさせてあげてたら、
オッサンは調子に乗ってお尻まで触ってきました。

「ちょっと あんまり度を越すと
追加料金貰うよ?」

と私が言うとオッサンは

「彩菜ちゃんのお尻が見たい
 実は俺はお尻フェチなんだ」

と言ってきました。

私は追加料金10,000円を請求して
お尻を見せてあげる事にしました。

「スカートは穿いたままでいい」

と言う変態おじさん

下着だけ脱いでノーパンの状態になりました。

オッサンは私をベッドの上に立たせると、
下から覗き込むようにして私のお尻を見てきました。

そして、斜め下のアングルから何枚か写メを撮りました。

それは初めての経験だったので恥ずかしかったです。

そのあと、私をベッドに俯せに寝かせると、
スカートをペロッと捲ってお尻を丸出しにしました。

「やっぱり若い女の子のお尻はいいねぇ
張りがあってムチムチしてて、すごくいいお尻だよ」

オッサンは私のお尻を誉めながら、
色んな角度からお尻の写メを撮りました。

「なぁ… 『穴』の方も見せてくれないかなぁ」

オッサンはとんでもない事を言い始めました。

「『穴』ってお尻の穴?
 アナルの事…? やだよ!! そんなトコ」

さすがに私は拒否しようとしましたが、
オッサンは財布の中から一万円札を5枚出すと、

「これだけやるから彩菜ちゃんの
お尻を自由にさせてくれ」

と言ってきました。

50,000円も

私はその誘惑に負けました。

覚悟を決めるとオッサンの方に
お尻を向けて四つん這いになり、お尻を付き出しました。

自分で拡げて…と言うので、
私は自分のお尻のお肉を掴むと、
割れ目を両側にグイッと拡げました。

これで、私のお尻の穴が
オッサンの目の前に晒されてしまいました。

69とかでお尻の穴が見えてしまった事は
過去に何回もありますが、
ここまで堂々と見られた事は初めてだったので、
顔から火が出そうな程恥ずかしかったです。

「よ~く見えるよ。
放射状に拡がる皺の
一本一本までハッキリ見える
これが彩菜ちゃんのアナルかぁ」

オッサンは、ハァハァ言いながら
私のお尻の穴を覗き込むようにじっくりと見てきました。

あまりの恥ずかしさに、
お尻の穴がヒクヒク凝縮してしまいました。

オッサンは、その様子を
嬉しそうに動画で撮影していました。

「どぉれ、じゃあ味の方はどうかな?」と言って、

オッサンは私のお尻の穴をレロッと舐めました。

「ヒァッ」

お尻の穴をまともに
舐められたのはその時が初めてで、
くすぐったいのと妙に気持ち良いのとが入り混じって、
私は変な声を上げてしまいました。

「あれ? 彩菜ちゃんは
アナルでも感じるんだね。エッチな肛門だねぇ」

と言いながら、変態オッサンは
私のお尻の穴をこれでもかと言う程拡げ、
隅々までベロベロと舐めまくりました。

さらに、舌先を尖らせてまるで
ドリルのようにしてを穴の奥まで捩じ込ませてきました。

私は、今までに味わった事のない快感と
羞恥心にヒィヒィ言って悶えてしまいました。

次にオッサンはベッドに横になると、
顔の上にしゃがむように指示しました。

言われた通りにオッサンの上に跨がると、
ゆっくりお尻を下ろして顔面騎乗

トイレでしゃがんでいるのを
真下から見られている感じで、
オッサンの顔の前に私のお尻の穴が
ピッタリとくっついた状態になりました。

オッサンはめっちゃ興奮しながら、
下から私のお尻の穴をベロベロ、ツンツンしてきました。

最初はすごく恥ずかしかったんですが、
そのうち私も興奮してきて
いつの間にか自らオッサンの口に
お尻の穴をグイグイと押し付けていました。

そのままの状態から69に移り、
私はお尻の穴を弄ばれながら、
さっき以上に硬くなったオッサンのチ○チ○を懸命にしゃぶりました。

オッサンは相当興奮してたみたいで、
さっきよりも早くフィニッシュしました。

それで終わりかな
と思ったんですがまだでした。

私は再びベッドに四つん這いに
なるように指示されました。

私はもう抵抗感はなく、
自ら足を広げてお尻を高く突き上げ、
お尻の穴が剥き出しになるような体勢になりました。

オッサンはラブホの部屋に設置してあった
自販機でアナルバイブとローションを買うと、
バイブにローションを塗って
ニュルンと私のお尻の穴に入れました。

そしてスイッチを入れると、
バイブは私のお尻の穴をウネウネと掻き回し始めました。

お腹の中を掻き回されてるような変な感覚でしたが、
慣れてくるとアナル責めはものすごい快感で、
私は絶叫しながら喘いでしまいました。

いつの間にかオッサンは、
その様子を動画で撮っていました。

それからオッサンにバイブと
指でお尻の穴をほぐされました。

オッサンは、拡げた私のアナルを
写メに撮ると私に見せてきました。

「ほら、見てごらん。
彩菜ちゃんのお尻の奥まで丸見えだよ」

オッサンの言う通り、
私のお尻の穴はクパァッと口を開けて、
直腸の入り口が丸見えでした。

オッサンは自分のチ○チ○にローションを塗ると、
私のお尻の穴にゆっくりと挿入してきました。

こうして、私のアナル処女はオッサンに奪われてしまいました。

「ウホッ♪ 彩菜ちゃんのアナルすごい締め付けだよ」

と言いながら、オッサンはピストンを開始しました。
私は元々お尻で感じる体質だったのでしょうか?
最初は痛かったんですが徐々にそれが快感に変わり、
いつの間にか頭の中が真っ白になりました。

「 ダメェ お尻で、 お尻でイッちゃうよ」

私が絶頂に達して程なくして、
お尻の中にドクドクと熱い液が放出されました。

私はしばらく、お尻を突き出した
体勢のまま動けませんでした。

だらしなく開いた私のお尻の穴 
からは逆流してきたオッサンの液体がドロドロ流れ出てきて、
その様子もアップで動画で撮られました。

結局その日は、現金75,000円の他に、
アナルの快感までもを得る事ができました。

それから私は月に1~2回のペースで
アナルフェチのオッサンと会って
お尻を弄ばれています。

毎回の金額は1,0000円にまけてあげています。

明日もオッサンと会う予定で、